SNSフォローボタン
ShokoTamaをフォローする

【楽なテイクオフの方法?!】波の特性を知って波の力を借りてテイクオフすることでテイクオフは楽にできる!

For Beginner(初心者向け)

【楽なテイクオフの方法?!】波の特性を知って波の力を借りてテイクオフすることでテイクオフは楽にできる!

おはこんばちわ〜😊

Tamaです。

テイクオフは出来るようになってきたけれど波においてかれる事が多い…

同じ波にパドルしているのに自分だけ乗れない…

もっとテイクオフ出来る本数を増やしたい、早くしたい…、パーリングを減らしたい…

なんて思っている方いませんか?

そんな方はテイクオフの時、波の力を借りてみたらどうでしょうか?

ん?どーやって?

そーですね 笑笑

それでは今日はテイクオフを少しでも楽にし、ガムシャラにパドルをしなくてもテイクオフが可能になる方法を少しご紹介したいと思います。

波待ちの場所

波を待っている時、何を見ながら波待ちをしていますか?

ただ海に浮かんでボーっとしていて波が来たから全力でパドルをする…

それではいつになっても今の状況から変わる事はできません。

 

ロングボードはパドルを始めてからの初速が遅くスピードに乗るまで時間がかかります。

目の前に波が来てから全力でパドルをしても置いていかれてしまいます。

 

では、何を見て何を意識すれば良いのか?

 

波を良くみてどこでブレイクするかをまず良く見ましょう。

波はウネリでやってきて地形の浅い部分に近づくにつれ盛り上がってきてブレイクします。

ロングボードは浮力が大きくテイクオフの時に波に押され始めるのが早いためブレイクする前のウネリの段階でテイクオフが出来ます。

ウネリが入ってきた時点でテイクオフする位置を予測し、予測した場所で波と近い速度になるようにパドルを開始し波を見ながらパドルで調整します。

早く漕いだりゆっくり漕いだり、直前でパドルを止める時もあります。

 

こうする事により波に追いつかれ、焦って急に鬼パドルをしなくても済みます。

焦ってガムシャラにパドルするよりもゆっくりとしっかりパドルした方が進みは早いです。

波に追いつかれてから鬼パドルをして、結果置いていかれている人を海で良く見ます。

 

そんな人達は波待ちの場所からテイクオフする場所までに波に追いつかれたり、パドルが早すぎたりと速度が波とバラバラになっているパターンや自分がテイクオフする場所を見据えずただ波が来たからパドルしている人が多いように思います。

 

自分のパドルがどの距離でどのくらいの速度になるのか、自分にあった波のサイズや形、自分がどこでテイクオフするのかが分かればベストな波待ちの位置も分かってくるはずです。

それさえ分かれば波が入ってきた時に誰よりも早く良い位置へパドルを進める事ができ、波に乗れる本数も増えてきます。

 

長々と書いてしまいましたがまずは意識する事が大切だと思います。

 

・波が来た→パドル開始=波に置いてかれる

・ブレイクの場所や波の確認をせずにただパドルをする=パーリングやスープでのテイクオフが増える

 

ではなく、ウネリの段階でどれくらいの大きさの波に育つかを予測しパドルでボードのスピードが波のスピードと同じようになるよう調節しながらテイクオフする目標地点へ向かいます。

 

また、セットで入ってくる波の中で大きいものだけを選ぶのだけでなく、人が少ない波やわざとサイズの小さい波を狙うのも良いかもしれませんね。

皆がパドルをし始めた波が良かったり、自分に合うとは限りませんからね。

ウネリの向きに合わせる

初心者の時にボードがウネリの向きに垂直になるように合わせてパドルすると良いと、Tamaはよく言われていました。

この言葉の意味を理解するまで結構な時間がかかりました。

そんなの分かってるよ!って方はスルーしちゃって下さい 笑笑

 

波待ちから波が来てパドルを始める、この時皆さんはどこに向かって進みますか?

恥ずかしながらTamaは陸でした…

沖を見ながら波待ちをし、ウネリを見つけたら180度旋回してパドルをする。

この時、無意識に陸を見て方向を決めていたんです、ウネリは陸に向かっていくものだと思っていたから…

それでは「陸に向かってまっすぐ垂直にパドル」ですね 笑笑

ま〜間違いではないんですけどね😅でもこの時のウネリの向きっていうのはもっと奥が深くて。。。

 

陸から波を見たり、波待ち中に沖から陸へ向かうウネリを見ているとわかるのですが陸に対して水平でなくて微妙に向きが違っていたり波の力の方向が違ってくるんです。

陸に向かって左に入る時もあれば右向きに入る時もあります、同じウネリの向きでも場所や地形によって微妙に変わってくるんだと思います。

若干ですよ。若干❗️

しかしその微妙なウネリの向きにボードの角度を合わせる事が出来たらどおでしょうか?

 

沖に出過ぎた時に戻ろうと思ってダラ〜っと漕いでるだけなのにボードの下を通る小さなウネリでスーっと少し加速する時ってあるじゃないですか?

そんな状態でもそれだけ変わるのであれば波に合わせてしっかりとパドルをしている時にその波の力を味方につけられたら今よりもパドルが楽になるのではないでしょうか?

リフトアップの力を利用する

波は沖から岸へ向かって入ってきます。

なので当然、沖から岸に向かって波の力が発生します。

しかし、ブレイクする場所ではもう一つの力が発生します。

それは岸に向かう波の力が浅い部分にぶつかり下から上へ向かう力です。

ボトムからトップにかけて上がる波の力は強く、テイクオフには凄く重要で有効になります。

この力を上手く使えている人と使えていない人は当然テイクオフにも差が出ますが一回のテイクオフに使う体力にも差が出てきます。

ではその波の力を使うのにはどうしたら良いのか?

テイクオフのパドル中にテールを波に持ち上げられてからではタイミング的には遅くなってしまいます。

それよりも前から波の力を感じしっかりとボードのテールを押さえ込む事で上に持ち上げられる波の力を利用することが出来ます。

この感覚と動作を覚え波の力を利用することによりパドルの力だけでテイクオフするよりも簡単にテイクオフすることが出来ます。

 

波に押され始め立ち上がる動作の際に手をつき上体を起こしますがその時に腕立て伏せのように上体を腕で持ち上げてしまうとテール側に荷重がかかり過ぎてノーズが持ち上がりボードが失速してしまいテイクオフが遅れる原因になってしまいます。

上体を起こすというよりもボードを押し込む感覚で上体を起こす事により立つ寸前まで波の力を利用する事が出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

分かっている方には当たり前の事かもしれませんが… 笑笑

人間のパドルの力なんて自然の力に比べたら凄く小さいものです、自然が起こす波の力をもっと有効的に使えたらずっと簡単に体力を残しテイクオフが可能になります。

周りの人は乗れてるのに自分だけ置いてかれる、女性の方で体力に自信がない、少しでも楽に早くテイクオフしたいなんて方は一度試してみて下さい。

 

というTamaも波においてかれる事もあればテイクオフが遅れる事もあり、まだまだ波の事について勉強中です。

多分サーフィンを続けている以上ずっと勉強していかなければならない事だとも思います。

なんと言っても相手は自然ですからね 笑笑

当然、喋る訳でもないし教えてくれる訳でもありません。

だからこそよく観察し、よく考え理解する必要がある部分だと思います。

考え実際にやってみて感じていければ良いんです👍

ShokoTamaブログはそのきっかけになってもらえれば嬉しいです😊

文章に起こしたり言葉にする事が非常に難しくいまいち意味が分からないって方も多いと思います、すみません💦

その辺も勉強中です 笑笑

今回も最後まで読んで頂きありがとうございます、次の更新をお楽しみに〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました