SNSフォローボタン
ShokoTamaをフォローする

【サーフガールのヘアケア方法】サーフィンで髪はかなり痛む!しっかりしたヘアケアでダメージから守ろう!

Girls Surfer(女性サーファー)

サーフィンする女性の悩みの一つとして髪のダメージですよね。

海に長時間入っていると海水のせいかギシギシになります。

毛先は傷んで指通りも悪くなり色は抜けごわごわに・・・

海水は実は思っている以上に髪にダメージを与えます。

海に入る前と、入っている最中、上がってからのケアをしっかりすることでそんなダメージを軽減することができます。

ではそもそも髪がどうして海水で傷んでしまうのか、どんなヘアケアをすればいいのかを今回はご紹介させていただければと思います。

海水による髪へのダメージとは?

海水の成分には8割が塩化ナトリウム、1割が塩化マグネシウム、残り1割が硫化カルシウム、硫化マグネシウム、塩化カリウムなどが主に含まれています。

このうち髪に悪影響を与えるのが塩化マグネシウムや硫化カルシウム、硫化マグネシウムなどです。

塩化マグネシウムは髪の主成分であるケラチンを凝固させてしまいギシギシの手触りになります。また硫化カルシウムは硫酸が含まれており髪にダメージを与えつやがなくなってしまったり切れ毛になったりします。

また海水は塩分が多く含まれているため髪の内部の水分が排出され髪の毛が乾燥します。

アルカリ性の海水はケラチンを溶かしてしまいこれもダメージになります。

海水のみではなく紫外線も髪のケラチンを破壊しダメージを負ってしまうのでサーフィンは本当に髪にダメージを大きく与えてしまうのです。

サーフィン前にするヘアケア方法

サーフィン前にやった方がよい事前ケアがふたつあります。

一つはトリートメント、もう一つは日焼け止め。

Shokoの場合は洗い流さないトリートメントを髪につけてその後日焼け止めスプレーを髪に吹き付けてから海に向かいます。

海水成分によるダメージを受けてしまうことを防ぐために洗い流さないトリートメントで保護膜を作ります。

その後紫外線からのダメージを防ぐためスプレータイプの日焼け止めを髪に吹き付けます。

これをするだけでもかなりダメージを軽減します。

【洗い流さないトリートメントのおすすめ】

サーファーズ ダイアン SURFER’S DIANE ウォーター&サンケアプロテクト ヘアミスト【店頭受取対応商品】

【日焼け止めスプレーのおすすめ】

【送料無料】 ナプラ ミーファ フレグランス UVスプレー 80g 3個セット フリーチョイス 【シーソルト/テンダーリリィ/マグノリア/クリア/オリエンタルジャスミン/シェリーサボン/フレッシュマンデー】 MIEUFA SPF50+ 夏 日焼け

サーフィン中でも髪へのダメージを減らす方法

サーフィン中は髪が常に海水や紫外線にさらされています。そんな状態から保護するためサーフィン中はキャップやハットをかぶったり髪を編み込みやお団子にしてなるべく海水や日に当たる面積を小さくすることをおすすめします。サーフィン用のキャップやハットなどは顔の日焼け防止や日差しの眩しさを軽減してくれたり一石二鳥なのですごく良いと思います。

サーフィン後にしっかりヘアケアしましょう

家から数分の距離ですぐに家でシャンプーができる場合はなにも気にしなくてよいのですが、サーフトリップなどでシャンプーができないとき、そんな時は海から上がったらすぐにサーファーズダイアンのダメージケアリムーバーをつけることをおすすめします。

このサーファーズダイアンのリムーバーは真水で洗い流す前に髪になじませることで海水のナトリウムなどを中和してくれます。

髪全体にリムーバーをなじませたらポリタンクなどで持ってきた真水でしっかり洗い流します。そうするだけであのゴワゴワ、ギシギシした感じがかなり軽減され指通りが滑らかになります。

その後シャンプーができる場合はしっかりシャンプーをして、トリートメントをつけていつものヘアケアをしてください。もしシャンプーがトリップ先から家に帰るまでできないという場合は洗い流さないタイプのトリートメントをつけてしっかり保護してください。

サーファーズダイアン ディーププロテクト シャンプー+トリートメント 2点セット | 紫外線 UVプロテクション UVフィルター 天然由来 ダメージ補修 保湿 潤い 乾燥対策 ヘアケア

そしてもし可能であればドライヤーで髪を乾かしてあげることをおすすめします。

自宅ケアができる場合はドライヤーがあるとは思いますがサーフトリップで車などで移動する場合や旅先の場合も髪を乾かしてあげることで開ききったキューティクルを整ええる音が可能です。車などで移動する場合ポータブル電源があれば非常に便利です。また、車じゃない場合やポータブル電源ほど大きいものはちょっと…という方にはコードレスタイプのドライヤーなんかも今は販売されているのでそういったものも便利だと思います!

[公式]どこでも乾かせる熱風コードレスドライヤー SACRMHDB 海外対応 充電式 ヘアセット 髪 乾かす旅行 ポータブル 無線 熱風 冷風

以上ダメージを減らすためのヘアケア方法をご紹介しました。

海に入る前に髪用の日焼け止めを塗って、海に入っている最中は紫外線からのダメージを防ぎ、海から上がったらしっかりと海水を洗い流し栄養素を入れてあげることで髪へのダメージがゼロとはいきませんがかなり軽減することができます。

サーファー女性ならではの小麦色の肌にはごわごわの髪よりもサラサラのしなやかな髪のほうがやっぱり似合います。

そんな髪を維持するためにもしっかりとヘアケアしてあげてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました